肩こりを漢方で改善できるのか?

マッサージなどをして肩こりの症状を改善するというのは定番となっているのですが、漢方でも肩こりの改善をしていくことも期待できます。肩こりになってしまっている原因が、水分代謝の低下や血行不良、体の冷えなどなのであれば、漢方を服用することによって改善していくことができる場合もあるのです。

自律神経が乱れてしまったことによって血行不良になってしまい、肩こりになってしまっているのであれば、抑肝散化陳皮半夏湯であったり加味逍遥散のような漢方が適しています。抑肝散化陳皮半夏湯や加味逍遥散というのは、血液の流れ焼きの流れの改善作用があるとされています。

最近は体の冷えで肩こりに悩んでいる人も増えてきているのですが、このような場合は桂枝茯苓丸や温経湯などの漢方薬がオススメです。さらに運動不足や疲労などによって血液が足りていない状態になっているのであれば、血液を作りやすくする四物湯を服用するといいでしょう。

そして、内臓の機能が悪くなってしまって肩こりになっているのであれば、補中益気湯が良いといわれています。通常の肩こりなのであれば、葛根湯を普段から口にするといいでしょう。

薬剤を服用するのはリスクが高いのではないかと考える人もいると思いますが、漢方薬は生薬を使っています。ですから、薬剤と比べてリスクが少なくなっています。また、漢方と同じくサプリも副作用がないので安心です。肩こりに効くサプリはこちら⇒肩こりに効くおすすめサプリ完全版

しかし、肩こりの原因には効果がない漢方を服用したり、体質との相性が悪い場合もありますから、素人判断で選ぶのではなく漢方医に相談をして処方をするといいでしょう。


[PR]

by waharabo12 | 2015-05-20 23:20